GOOD DESIGN AWARD 2015 グッドデザイン金賞

「和食給食応援団」が2015年度グッドデザイン金賞を受賞しました!

家庭内の和食離れが進んでいる中、『学校給食を通じて、未来を担う子供たちに「和食」の素晴らしさを伝え、20年後の家庭の「和食」を育てる』をコンセプトに、2011年より活動してきた和食給食応援団ですが、この度、2015年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。
今後も和食給食推進に向けて全力で取組んで参りますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

和食給食応援団 応援団宣言

東日本代表
日本料理 賛否両論 店主

笠原 将弘

味わいや食材の知識だけでなく、日本人としての教養や教育に直結するのが和食の良さだと思います。人が育つ大切な時期に週5日、6年間も食べる機会は、ある意味絶好のチャンスだと思います。ぜひ和食の良さを学校給食を通して伝えていきましょう!

1972年東京生まれ。高校を卒業後、「正月屋吉兆」で9年間修業。その後、実家の焼き鳥の名声店「とり将」を継ぎ、4年半営業する。父親の代からの30周年を機に一旦「とり将」を閉店。2004年9月に現在の店舗「賛否両論」を開店する。2013年9月に「賛否両論」名古屋店を開店。2014年6月に同広尾店を開店する。

西日本代表
たか木 店主

高木 一雄

美味しいものを提供する。同じ料理に携わる者として絶対に持っていてもらいたい感覚です。大人は気分で料理屋さんを選べますが、児童・生徒は選ぶことが出来ません。自分が最高の料理人だという気概を持って、献立立案から当日調理まで妥協なく取り組んで欲しいと思っています。そのための技術と知恵は惜しみなくお伝えします!

1972年大阪府生まれ。大阪の「料亭北乃大和屋」入店、佐名木孟氏に師事。佐名木孟氏と「山荘京大和」へ移り、副料理長を経て2005年芦屋市東山町にて「京料理たか木」を開店。2010年から2015年まで6年連続ミシュランガイド関西で2つ星を獲得。

事務局長
合同会社五穀豊穣 代表

西居 豊

一次産業に関わる身としてこの取り組みは立ち上げました。一次産業は、食べる人たちが価格を決める部分が多いです。ぜひ生産者に思いを馳せられる児童・生徒に育って欲しい。そういう想いから学校給食に関わっています。給食は日本の食の最後の砦だと思っています。その砦を守るためならどんな協力も惜しみません。

1982年大阪府生まれ。大阪の大学を卒業後、マーケティング会社に入社。2009年8月31日、合同会社五穀豊穣設立。農山漁村活性化のために一次産業の販路拡大を手掛ける。2011年より学校給食のごはん食化、和食化に取り組み、2014年和食給食応援団を設立。

和食給食応援団 活動内容

  • 和食給食献立開発サポート
  • 学校に訪問しての調理
  • 児童への食育授業

和食給食応援団 活動実績

和食給食応援団 活動実績

和食給食応援団 参加料理人

和食給食応援団

日本料理 賛否両論

笠原 将弘

1972年東京生まれ。高校を卒業後、「正月屋吉兆」で9年間修業。その後、実家の焼き鳥の名声店「とり将」を継ぎ、4年半営業する。父親の代からの30周年を機に一旦「とり将」を閉店。2004年9月に現在の店舗「賛否両論」を開店する。2013年9月に「賛否両論」名古屋店を開店。2014年6月に同広尾店を開店する。和食給食応援団東日本団長を務める。

和食給食応援団

なすび亭

吉岡 英尋

1971 年東京都生まれ。東伊豆「つるやホテル」、鎌倉の懐石料理「山椒洞」、日本料理「蝦夷御殿」などで修業。「永田町瓢亭」で首相官邸出前料理番を任される。2000年に29歳で独立し、恵比寿に「なすび亭」を開店。

和食給食応援団

日本料理TAKEMOTO

武本 賢太郎

新橋「金田中 本店」で修行を積み、副料理長を経たあと、向島料亭 水野に料理長として就任。2009年3月、満を持して独立し、代官山「日本料理TAKEMOTO」を構える。

和食給食応援団

六雁

秋山 能久

1974年茨城県出身。高校卒業後「割烹すずき」に入り、鈴木好次氏のもとで修業を重ねる。その後「月心居」にて主人料理の神髄にふれた後、銀座「六雁」の料理長に就任。現在は総料理長として腕をふるう。

和食給食応援団

京料理 たか木

高木 一雄

1972年大阪府生まれ。大阪の「料亭北乃大和屋」入店、佐名木孟氏に師事。佐名木孟氏と「山荘京大和」へ移り、副料理長を経て2005年芦屋市東山町にて「京料理たか木」を開店。2010年から2015年まで6年連続ミシュランガイド関西で2つ星を獲得。 和食給食応援団西日本団長を務める。

和食給食応援団

日本料理 雄

佐藤 雄一

1975年茨城県生まれ。高校卒業後、箱根の「強羅花壇」にて日本料理の修業を始める。その後、都内の日本料理店、寿司店などで腕を磨いた後、2006年10月に独立開業。NHK「キッチンが走る!」などに出演。

和食給食応援団

銀座 小十

奥田 透

1969年静岡県生まれ。高校卒業後、静岡の割烹旅館「喜久屋」に就職。日本料理の世界に入る。その後、京都の老舗料亭や、徳島「青柳」等で修業。2003年に「銀座小十」オープンし、ミシュランガイド東京横浜湘南2007で3つ星を獲得。ミシュランガイド東京が発足した2008年以後、連続で3つ星獲得。2015年2つ星。2013年9月にはパリ「OKUDA」を出店するなど、海外でも活躍。

和食給食応援団

お料理 宮本

宮本 大介

1981年熊本県生まれ。中村調理製菓専門学校卒業後、大阪の有名日本料理店にて長年修業。2012年には、同じ中村調理製菓専門学校の卒業生である奥様とともに、「お料理 宮本」を開店。ミシュランガイド関西2014年、2015年連続で2つ星を獲得。

和食給食応援団

御料理 まつ山

松山 相三

1981年福岡県出まれ。北九州市小倉の創作和食の有名店にて30歳までに独立することを目指して修業を積み、2011年8月に「御料理まつ山」を開店。素材にこだわり、地元客に愛される名店。ミシュランガイド福岡・佐賀2014年で1つ星を獲得。

和食給食応援団

懐石料理 喜一

北野 喜一

1956年大阪府生まれ。高校卒業後、料理の世界に入り16年の修業を重ねる。1990年に地元に戻り、店主祖父が陶磁器店を開いていた地に「喜一」を開店。ミシュランガイド関西2011年から5年連続で1つ星を獲得。南大阪初となるミシュランに輝く。「浪速魚菜を守る会」の会員となり、なにわの伝統野菜や地元の食材を積極的に取り入れる。

和食給食応援団

和ごころ 田じま

田島 隆史

1974年広島県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校卒業。大阪のホテルニューオータニ、ベトナム・ハノイの日航ホテルなど国内外で修業後、地元の広島に「和ごころ 田じま」を開店。現在既に学校との連携実績があり、親子料理教室などを開催し、美味しく簡単な和食の調理方法のコツを伝授する。

和食給食応援団

鮨 小野

小野 淳平

1973年群馬県出まれ。高校卒業後、地元の鮨店に入店。お鮨の世界に魅了され、その後上京し、都内鮨店にて約15年本格的に修業を重ねる。2007年に「鮨 小野」を恵比寿に開店。2013年には2号店となる「鮨 早川」もオープン。親しみやすい店主の小野氏は、鮨の本質を追究し、日本の大切な食文化「鮨」を継承し、発展させる為に尽力する。

和食給食応援団

ほむら

小笠原 一芸

1975年青森県生まれ。高校卒業後、東京国立エコールキュリネール辻専門カレッジを卒業後、「西麻布つくし」入店。3年間料理を学ぶ。その後、シドニーのイタリアンカフェにて海外の料理にも触れ、帰国後、仙台銀たなべ「銀粋」に入店。数年後、地元八戸に戻り、30才になる年を期に独立し「ほむら」開店。

和食給食応援団

さつぽろ・川甚本店

本間 勇司

1970年北海道生まれ。中学校時代の恩師の勧めで寿司店に就職し、2年ほど修業。その後、東京の和食店などで腕を磨き、2006年 札幌 加森観光(株)「川甚本店」の料理長となる。 料理人として食の安全・安心にこだわり、できるだけ農薬の少ないものや産地を吟味し、新鮮な食材を生かして調理することを日々心掛ける。

和食給食応援団

割烹旅館 若松

成田 正吾

1966年青森県生まれ。京都の日本料理店で12年間料理長を務める。その後「割烹料亭 若松」に入店。刺身に醤油のムースを使うなど、基本の中に新しさもある料理が人気。自ら食材を栽培したり、堆肥作りから携わったりすることもあり、食材を追求する料理人。北海道日本料理包秀会の代表。料理長を務める「割烹料亭 若松」はミシュランガイド北海道2012年で1つ星獲得。

和食給食応援団

日本料理 うを仁

臼井 規郎

1979年岐阜県生まれ。2000年から2004年まで日本料理の老舗・なだ万で修業。2010年、先代である父親の急逝に伴い実家の「割烹料理 うを仁」を継ぐ。岐阜県及び岐阜市からの地産地消推進の認定取得。.現在、本業と共に食育に関わる青少年育成活動、岐阜県の地産地消に関わる商品開発に取り組む。

和食給食応援団

美味いもん屋 わ多なべ

渡邉 達也

1973年福島県生まれ。2007 年に旭日小綬章を受章した道場六三郎に師事。「銀座ろくさん亭」「懐食みちば」での修業の後、長崎・金沢での経験を積み帰郷。2008 年いわき市平に「美味いもん屋 わ多なべ」を開店。2011年の東日本大震災の直撃で、風評被害やまた、人との絆を身をもって体験、考えさせられた。「がんばろう いわき」をキャッチフレーズに掲げる地元市民の一人として、地域密着、元気と笑顔、一期一会で、毎日暖簾をあげています。

和食給食応援団

日本料理 つか佐

川口 順一郎

1969年鹿児島県生まれ。18 歳で日本料理の道に入り、大阪・住吉大社にて修業。2011年12月、老舗ふぐ料理店跡にオープンした「日本料理つか佐」に招かれ、料理長に就任。地元の新鮮な野菜や魚介類を活かし、こだわりの「だし」で提供。

和食給食応援団

鈴なり

村田 明彦

1974年生まれ、東京都出身。祖父がふぐ屋を営んでいたことから料理人を志す。老舗日本料理店「なだ万」で13年間修業を積み、2005年「鈴なり」を創業。遊び心を加えた独自性溢れる品々で古典に縛られないオリジナルの和食を追及。「ミシュランガイド東京2012~2015」で4年連続1つ星を獲得。気さくな人柄で、テレビをはじめ各種メディアでも活躍中。

   

和食給食応援団 パートナー

  • フジッコ
  • 三井製糖
  • マルヤナギ
  • アイホー
  • アルファー食品株式会社
  • Sanshin
  • マルトモ
  • 旭松食品株式会社
  • 小倉屋山本
  • KAGOME
  • カネリョウ海藻株式会社
  • 菊正宗
  • kikkoman
  • くらこん
  • 九重味淋株式会社
  • 西部ガス
  • 宝醤油株式会社
  • 東京ガス
  • 日新製糖
  • にんべん
  • hug MUSEUM
  • ヒガシマル醤油
  • POICKLES
  • 有限会社丸幸水産
  • マルコメ
  • mishima
  • 株式会社メフォス
  • 盛田株式会社
  • ヤマキ
  • 山本海苔店
  • 雪国まいたけ
  • 横井醸造工業株式会社